HOME会社概況業務内容開発分野開発事例CANモジュールソフテックだよりお問い合わせ
HOME > ソフテックだより > 第232号(2015年4月15日発行) 現場の声編「入社1年を振り返って〜仕事を通して学んだ今後の課題〜」

「ソフテックだより」では、ソフトウェア開発に関する情報や開発現場における社員の取り組みなどを定期的にお知らせしています。
さまざまなテーマを取り上げていますので、他のソフテックだよりも、ぜひご覧下さい。

ソフテックだより(発行日順)のページへ
ソフテックだより(技術分野別)のページへ
ソフテックだより(シーン別)のページへ


ソフテックだより 第232号(2015年4月15日発行)

現場の声編

「入社1年を振り返って〜仕事を通して学んだ今後の課題〜」

1. はじめに

私は、2014年4月に入社し、今年の4月で2年目になる社員です。入社してからの1年間を振り返り、携わった仕事や、私が感じたこと、反省点などを紹介させて頂こうと思います。

2. 携わった仕事について

まず、私が携わったあるアプリケーションの開発について紹介いたします。開発と言っても新規の開発ではなく、過去に先輩方が開発したアプリケーションへの機能追加となります。アプリケーションの元々の機能は、PLCからデータを収集し、画面に表示、ファイルへの出力を行うというものです。今回追加した機能は、複数種類のデータの収集、表示、出力を行う機能とアプリ自体を複数起動して複数のPLCからデータを収集する機能です。図1がアプリケーションの簡単な構成図となります。

アプリ構成図
図1.アプリ構成図

この案件では開発計画書の作成から、設計、製作、試験までを行いました。これ以前に携わった案件では、設計までは先輩が行い、私は製作や試験のみ行っていたため、開発計画書の作成や設計など、初めての作業が多く、また、学ぶことも多い案件となりました。

開発計画書ではどのようなスケジュールで開発を進めるかを作成します。始めにスケジュールを作成することで、作業全体の進捗が分かり、問題なく予定通りできているのか、作業が遅れていて先輩の助けが必要なのかが分かります。どの作業にどの程度の時間がかかるかを想定するには、まだまだ経験が足りず、中々スケジュール通りに作業を進めることができませんでした。

設計作業では、どのようにアプリケーションを作成するかを記載した設計書を作成したのですが、考慮が足りていない部分が多く、確認していただいた上司に多くの指摘を頂きました。改造元になったアプリケーションの設計書を参考に作成したのですが、この部分を変更したら、ここにも変更が必要になるという広い視野が不足していました。

製作作業では、設計書を元にアプリケーションへの機能の追加を行いました。自分で一から作成したプログラムではなかったので、分からない部分も多かったのですが、少し調べればわかることが多く、なんとか機能を実装することができたため、この時点では作成したアプリケーションに満足してしまっていました。

試験作業では、アプリケーションが想定通りの動作をするか確認したのですが、始めは全く動作しませんでした。何度も修正を繰り返し、なんとか自分が想定している動作をすることができるようになりました。

しかし、作成したアプリケーションを上司や先輩に確認していただいたところ、想定外の動作をする部分が見つかりました。原因は、設計段階での認識が間違っていたことや、試験時に確認が不足していたことでした。

3. 今後の課題

2年目を迎えるにあたっての課題をいくつか紹介させて頂きます。

3.1 技術力の向上

今後の課題としては、まず技術力の向上が挙げられます。入社した当時はプログラミングに関する知識が乏しく、分からないことだらけでしたが、不明点を書籍やインターネットで調べたり、先輩に教わることで、なんとか機能の実装をすることができていました。ここで、学んだことをその場限りの知識とするのではなく、どうしてそうなるのかを理解し、今後の案件に活かせるようにしようと思います。

3.2 報告の質の向上

今回紹介した案件では、適切な報告ができていなかったと思います。報告は毎日行うようにし、自分が行った作業の内容を含めるようにはしていたのですが、自分の考えについての内容が不足していました。自分がどう思っているかを報告に含めていれば、その認識は違うよと周りから指摘を頂くことができます。相手に伝えるべき内容をよく考え、しっかり相手に伝わるように、分かりやすい報告をすることを心がけます。

3.3 2年目を迎えての立場の変化

入社2年目になり、私のグループに新入社員が入ってきます。今までは技術的な面などで、先輩にサポートされるだけでしたが、これからは自分がしていただいたサポートを後輩にできるよう努力します。

4. 終わりに

入社して1年を振り返ると、なにもかもが初めてのことで、失敗することも多かったですが、失敗から学ぶことも数多くありました。この1年間の反省点を活かし、助けていただいた上司や先輩方の助けになれるように、また新しく入ってくる後輩の手本となれるよう一層の努力をします。
拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

(Y.O.)


関連ページへのリンク

関連するソフテックだより