株式会社ソフテック
株式会社ソフテック
制御用ソフトウェアの受託開発を手がけて42年の経験と
受注案件5192件
(2014年6月末時点)の実績

HOME会社概況業務内容開発分野開発事例CANモジュールソフテックだよりお問い合わせ
HOME > 開発紹介
技術分野別 開発内容紹介

 ソフテックでは、産業用ソフトウェアやマイコンを用いた制御用ソフトウェアの受託開発が主な仕事になっております。
 本社事業所と八戸事業所のそれぞれにWindows用ソフトウェア開発、マイコンを用いた組み込み用ソフトウェア開発、、PLCソフトウェア開発、FAVIEWの各担当が在籍しています。

 Windows用ソフトウェアは、工場の監視システム、装置のマン・マシン・インターフェース、シミュレータなど産業分野で利用されるアプリケーションの開発をしています。
組み込み用ソフトウェアは、4bitから32bitマイコン(MPU)を利用したシステムのソフトウェアを開発しています。
 PLCソフトウェアは、工場の自動化制御、装置制御などPLCを用いたシステム用のソフトウェア(ラダー)を開発しています。

 両事業所とも、それぞれの担当者が同じフロアで作業を行い、知識の共有をできる体制をとっています。また、IBM社のLotus Notesというグループウェアを利用して事業所間でも知識の共有を行っています。
 これら知識の共有により、「Windows+マイコン」や「Windows+PLC」などお客様のニーズに合わせたシステムの提案や開発を行っています。


各分野の開発比率 ソフテックで開発しているWindows用ソフト、マイコン用ソフト、PLCソフト、FAVIEWの全開発に占める比率です。
開発規模比率 ソフテックが請け負った開発規模ごとの比率です。
売上件数に対する比率と売上金額に対する比率です。


組み込みソフト開発 4bitから32bitMPUまでメーカーを問わずにソフトウェアの開発を行います。
開発言語はC言語をメインで使用していますが、アセンブラによる開発も行っています。
PLCソフトウェア開発 ラダーを使用してPLCの制御を行います。
装置の制御からFAまで業界や分野を問わずに開発を行っております。
パソコンソフトウェア関連 主にC++を使用してソフトウェアの開発を行っています。
お客様のご要望によってはVisual Basicによる開発も行います。
DBシステム開発 データベースを使用したシステム開発を行っています。
監視制御〜上位まで含めたシステム開発を行っています。
グループウェア
開発ソリューション
Lotus NotesにおけるNotes DBの開発を行なっています。
機能にかんする評価作業
(テスト作業)
CPUやIP(Intellectual Property)などの機能評価(機能テスト)およびファームウェアやアプリケーションソフトの評価(テスト)を行っています。
SCADAシステム構築 各社のSCADAを利用した監視システムの構築作業が主な仕事となります。
この中には、SCADAソフトに接続されるPLCのソフト開発も含まれます。
その他 社内及び社外のネットワークの構築やサポートを行っています。


お問い合わせはこちら
Copyright(C) 1997-2014 SOFTECH CO.,LTD.