HOME会社概況業務内容開発分野開発事例CANモジュールソフテックだよりお問い合わせ
HOME > ソフテックだより > 第16号(2006年4月19日発行) 現場の声編「初めてのデモンストレーション」

「ソフテックだより」では、ソフトウェア開発に関する情報や開発現場における社員の取り組みなどを定期的にお知らせしています。
さまざまなテーマを取り上げていますので、他のソフテックだよりも、ぜひご覧下さい。

ソフテックだより(発行日順)のページへ
ソフテックだより(技術分野別)のページへ
ソフテックだより(シーン別)のページへ


ソフテックだより 第16号(2006年4月19日発行)

現場の声編

「初めてのデモンストレーション」

1.はじめに

私は、2004年10月に入社した中国上海出身の社員です。2002年に来日し、2年半の留学生生活を終えて、ソフテックに入社しました。最初は仕事内容や人間関係などをいろいろ心配しましたが、上司と同僚のおかげで、今は社内でのソフト開発だけでなく、お客様とのやり取りもうまくできるようになりました。
今回は、昨年の夏ごろ、顧客の会社で行ったデモンストレーション(以下「デモ」とします)のことを紹介したいと思います。初めての単独出張でしたので、かなり不安でしたが、先輩社員よりサポートして頂いて、無事に出張を終えることができました。このときのことについてお話したいと思います。

2.仕事の概要

今回開発したものは、計測制御装置(PLC)により定時的にセンサを監視し、データを監視装置(PC)に転送し、PC画面上で現在状況・最新履歴の表示および、月日指定データの保存・印刷機能を持つシステムです。

私がPCアプリケーションの開発を担当しました。また、先輩社員がPLCプログラムおよびサポート役を担当することになりました。

3.出張準備

元々、PCとPLC両方の開発経験を持つ先輩社員がデモに行く予定でしたが、別物件のトラブルで急に都合が悪くなりました。「一人で行け!」と上司に言われたとき、私は「え?」と声を漏らした一方、作成したアプリケーションを顧客に操作して頂いて反応を伺える機会でもあると思いました。
しかし、デモ用のソフトとはいえ、通信・表示はもちろん保存・印刷機能をすでに実装し、完成版とほぼ変わりはありません。念のため、社内でデモ用のハードウェア環境で十分のシステムテストを行い、動作について細かく確認しました。
システムテストでの確認後、先輩社員を相手にデモのリハーサルを行いました。最初のところ、思いつきで説明したため、内容はあっちこっちに飛んでしまいました。そこで、先輩社員から貴重なアドバイスを頂いて、製作仕様書と画面の順番に沿って機能ごとをわかりやすく説明するよう練習しました。
また、デモ中に出てくる可能性のある質問や要望への対策案を練りました。さらに、ハプニングがあったとき、会社に電話すればサポートして頂ける「切り札」も手に入れました。
最後に、遅刻しないことと忘れ物しないことを意識し、出張に出かけました。

4.デモ状況

デモ当日、大雨が降って電車の遅れが出ましたが、無事に予定時間の前に到着し、遅刻しないことを何とか守れました。しかし、忘れ物しないよう荷物を念入りで確認したにも関わらず、ノートPCの部品1つを社内に忘れてしまいました。幸い、今回のデモで使用しないものであり、顧客から「後で宅急便とかで送ってくれれば大丈夫」との言葉を頂き、大きな問題にならなくてよかったと思います。
デモ用の部屋に移動し、ハードウェアを一通り設定しました。PLCとノートPCは私が持って行ったものですが、顧客が用意した19インチの液晶モニタをはじめて見ました。高そうできれいなモニタでしたので思わず「贅沢!」とつぶやいてしまいましたが、顧客がエンドユーザーに見栄えのいいものを見せたがる気持ちがよくわかりました。

液晶モニタはさておき、製作仕様書を配布してから、仕様書に沿ってシステムの説明を行いました。かなりの緊張感がありましたが、自分の作成したものでもあり、何回も練習したため、スムーズに説明を進めました。
説明後、顧客に装置を触って頂いて、実際に操作して頂きました。途中で操作方法などについての質問や印刷結果に番号の表示を入れてほしいとの指摘がありましたが、「考えたものをうまく反映されている」との評価を頂きました。顧客が画面構成や操作し易さに満足していた様子を見ている私は、何よりうれしかったです。

しかし、不安が的中したように、PLCプログラムに関わる質問も挙げられましたが、その場で「現在の仕様ではこうなっていますが、後でPLCプログラムの担当者に確認します」と精一杯で冷静なふりをしました。そして、デモ終了後、電話で社内にいる先輩社員に仕様を確認し、教えて頂いた内容を顧客に回答しました。
新人社員の「切り札」をこうもたやすく使用してしまいましたが、3時間程度のデモは無事に完了し、顧客の喜ぶ顔が見られて大きな達成感がありました。

5.感想

デモ中の説明に不十分のところもあり、完璧なデモにはまだまだ程遠いと感じていますが、初めてのデモを無事に終えることができ、ほっとしました。また、作成したアプリケーションは思ったより好評で、顧客から評価の言葉を頂けて正直にうれしかったです。
システムの開発や顧客とのやり取りの経験がまだ少ないですが、今回のデモで先輩社員から教えて頂いた注意事項とハプニングの対策および、自ら体験したものが貴重な経験になると思います。

(R.R.)


関連ページへのリンク

関連するソフテックだより