HOME会社概況業務内容開発分野開発事例CANモジュールソフテックだよりお問い合わせ
HOME > FAVIEW > FAVIEW(監視システム)Q&A > Q&A PLC関係 (オムロンPLC)

FAVIEW

FAVIEW(監視システム)Q&A

Q&A PLC関係 (オムロンPLC)

2001対応PLCと接続方法は?

オムロンPLCとの接続はオムロンが提供している接続用のドライバ(FinsGateway)を使用しています。よって基本的にドライバが対応している機器への接続が可能です。ただし現状のPLCへの接続を行うプログラムではCシリーズ、CVシリーズ、CS1シリーズに対応しています。

現在までに動作確認が完了している機種はC1000(シリアル接続)、C200HS(シリアル接続、コントローラリンク接続)です。

また上記のCシリーズ、CVシリーズ、CS1シリーズ以外の機種についても、ドライバがサポートしている機種には対応可能です。

2002FAVIEWが通信によってアクセスできるデバイスは?

Cシリーズ

R
// 接点領域(入出力リレー、内部補助リレー、特殊補助リレー)
LR
// リンクリレー
HR
// 保持リレー
AR
// 特殊記憶リレー
TIM/CNT
// タイマ/カウンタ
TIM/CNTs
// タイマ/カウンタ ステータス
DM
// データメモリ

CVシリーズ

R
// リレーエリア リレー
TR
// リレーエリア TR
G
// リレーエリア G
A
// リレーエリア A
TIM
// タイマ
CNT
// カウンタ
DM
// データメモリ
TN
// トランジョン
ST
// ステップ
STf
// ステップ フラグ
STs
// ステップ ステータス
cR
// 強制ON/OFFエリア リレー
cG
// 強制ON/OFFエリア G
EM0
// 拡張DMエリア バンク0
EM1
// 拡張DMエリア バンク1
EM2
// 拡張DMエリア バンク2
EM3
// 拡張DMエリア バンク3
EM4
// 拡張DMエリア バンク4
EM5
// 拡張DMエリア バンク5
EM6
// 拡張DMエリア バンク6
EM7
// 拡張DMエリア バンク7
EMcb
// 拡張DMエリア カレントバンク
AC
// アクション
IR
// レジスタ値 IR
DR
// レジスタ値 DR
EMcbn
// レジスタ値 拡張DM カレントバンクNo.
IIT
/ 割り込み状態

CS1シリーズ

CIO
// チャネル I/O
WR
// 内部補助リレー
HR
// 保持リレー
AR
// 特殊保持リレー
TIM
// タイマ
CNT
// カウンタ
DM
// データメモリ
EM0
// 拡張データメモリ バンク0
EM1
// 拡張データメモリ バンク1
EM2
// 拡張データメモリ バンク2
EM3
// 拡張データメモリ バンク3
EM4
// 拡張データメモリ バンク4
EM5
// 拡張データメモリ バンク5
EM6
// 拡張データメモリ バンク6
EM7
// 拡張データメモリ バンク7
EM8
// 拡張データメモリ バンク8
EM9
// 拡張データメモリ バンク9
EMA
// 拡張データメモリ バンクA
EMB
// 拡張データメモリ バンクB
EMC
// 拡張データメモリ バンクC
EMcb
// 拡張データメモリ カレントバンク
EMcbn
// 拡張データメモリ カレントバンクNo.
TK
// タスクフラグ
TKs
// タスクフラグステータス
IR
// インデックスレジスタ
IDR
// データレジスタ
CP
// クロックパルス
CF
// コンディションフラグ
2003FAVIEWが通信によってアクセスできるI/O点数は?

マニュアルより抜粋。

Cシリーズ

R(256点)
// 接点領域(入出力リレー、内部補助リレー、特殊補助リレー)
LR(64点)
// リンクリレー
HR(100点)
// 保持リレー
AR(28点)
// 特殊記憶リレー
TIM/CNT(512点)
// タイマ/カウンタ
TIM/CNTs(512点)
// タイマ/カウンタ ステータス
DM(10000点)
// データメモリ

CVシリーズ

R(255516点)
// リレーエリア リレー
TR(8点)
// リレーエリア TR
G(25516点)
// リレーエリア G
A(51116点)
// リレーエリア A
TIM(1024点)
// タイマ
CNT(1024点)
// カウンタ
DM(24576点)
// データメモリ
TN(1024点)
// トランジョン
ST(1024点)
// ステップ
STf(1024点)
// ステップ フラグ
STs(1024点)
// ステップ ステータス
cR(255516点)
// 強制ON/OFFエリア リレー
cG(25516点)
// 強制ON/OFFエリア G
EM0(32766点)
// 拡張DMエリア バンク0
EM1(32766点)
// 拡張DMエリア バンク1
EM2(32766点)
// 拡張DMエリア バンク2
EM3(32766点)
// 拡張DMエリア バンク3
EM4(32766点)
// 拡張DMエリア バンク4
EM5(32766点)
// 拡張DMエリア バンク5
EM6(32766点)
// 拡張DMエリア バンク6
EM7(32766点)
// 拡張DMエリア バンク7
EMcb(32766点)
// 拡張DMエリア カレントバンク
AC(2048点)
// アクション
IR(3点)
// レジスタ値 IR
DR(3点)
// レジスタ値 DR
EMcbn()
// レジスタ値 拡張DM カレントバンクNo.
IIT()
// 割り込み状態

CS1シリーズ

CIO(614316点)
// チャネル I/O
WR(51116点)
// 内部補助リレー
HR(51116点)
// 保持リレー
AR(44716点)
// 特殊保持リレー
TIM(4096点)
// タイマ
CNT(4096点)
// カウンタ
DM(32767点)
// データメモリ
EM0(32767点)
// 拡張データメモリ バンク0
EM1(32767点)
// 拡張データメモリ バンク1
EM2(32767点)
// 拡張データメモリ バンク2
EM3(32767点)
// 拡張データメモリ バンク3
EM4(32767点)
// 拡張データメモリ バンク4
EM5(32767点)
// 拡張データメモリ バンク5
EM6(32767点)
// 拡張データメモリ バンク6
EM7(32767点)
// 拡張データメモリ バンク7
EM8(32767点)
// 拡張データメモリ バンク8
EM9(32767点)
// 拡張データメモリ バンク9
EMA(32767点)
// 拡張データメモリ バンクA
EMB(32767点)
// 拡張データメモリ バンクB
EMC(32767点)
// 拡張データメモリ バンクC
EMcb(32767点)
// 拡張データメモリ カレントバンク
EMcbn()
// 拡張データメモリ カレントバンクNo.
TK(32点)
// タスクフラグ
TKs(32点)
// タスクフラグステータス
IR(16点)
// インデックスレジスタ
DR(16点)
// データレジスタ
CP()
// クロックパルス
CF()
// コンディションフラグ
2004異なるメーカーのPLCを同時に接続できますか?

三菱PLC、横河PLC、オムロンPLCであれば同時接続は可能です。

  • FAVIEWは当社の登録商標です。
  • その他記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。